読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気軽に楽しくプログラムと遊ぶ

自分が興味があってためになるかもって思う情報を提供しています。

Unite.vimでよく使うコマンド

Unite上での作業コマンド

コマンド 説明
m ファイルの作成・削除・移動・コピー
u 上位ディレクトリに移動

よく使うコマンドとオリジナル設定

項目名 デフォルト オリジナル設定
yank の履歴 Unite history/yank ,uy
バッファ Unite buffer ,ub
カレントディレクトリを表示 UniteWithBufferDir -buffer-name=files file ,uf
register の一覧 Unite register ,ur
ファイル と buffer を表示してuniteを起動 Unite file_mru buffer ,uu
ファイルをファイラのように検索 Unite file_rec/async:! ,up

.vimrc

" 入力モードで開始する
let g:unite_enable_start_insert=1
let g:unite_source_history_yank_enable =1
let g:unite_source_file_mru_limit = 200
"NERDTreeを開く
nnoremap <silent><C-e> :NERDTreeToggle<CR>
"ヤンクの履歴
nnoremap <silent> ,uy :<C-u>Unite history/yank<CR>
nnoremap <silent> ,ub :<C-u>Unite buffer<CR>
nnoremap <silent> ,uf :<C-u>UniteWithBufferDir -buffer-name=files file<CR>
nnoremap <silent> ,ur :<C-u>Unite -buffer-name=register register<CR>
" 最近使ったファイルの一覧とバッファを表示
nnoremap <silent> ,uu :<C-u>Unite file_mru buffer<CR>
" ファイル非同期検索
nnoremap <silent> ,up  :<C-u>Unite file_rec/async:!<CR>