読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気軽に楽しくプログラムと遊ぶ

自分が興味があってためになるかもって思う情報を提供しています。

vimのkey mappingの書き方(基本)

基本形

map {lhs}  {rhs}

キー入力{lhs}を別のキー{rhs}に割り当てる

「j」キーを押下時に「k」キー押下時の機能を実行

map j k

「CTRL-A」キーを押下時に「CTRL-X」キー押下時の機能を実行

map <C-a> <C-x>

モード毎の設定

ヴィジュアルモードのコマンドを変更する

vmap {lhs}  {rhs} 

インサートモードのコマンドを変更する

imap {lhs}  {rhs} 

:map系コマンドと:noremap系コマンドの使い分け

基本的に:noremap系のコマンドだけを使用。remapが必要な場合のみ:mapを使用。
remapとはキーを再定義すること。他のマッピングも考慮して、定義するという事。

例えば、下記のように設定した場合、tはCTRL-Xの機能を持つ事になる。

:map <C-a> <C-x>
:map t <C-a>

noremapの場合はtはCTRL-Aの機能を持つ事になる。

:map <C-a> <C-x>
:noremap t <C-a>


参考URL
【図解Vim】mapとnoremap | ここぽんのーと
Vim: Key mappingを極める - while (“im automaton”);