読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気軽に楽しくプログラムと遊ぶ

自分が興味があってためになるかもって思う情報を提供しています。

linuxサーバー設定変更時に使うコマンド

■設定ファイルの編集
sshd_configの変更を例に取る。

バックアップの取得
sudo cp -p sshd_config sshd_config.org

「-p」 属性情報もそのままでコピー(日付、ユーザー)



■サービス自動起動の設定の確認
chkconfig

# /sbin/chkconfig --list
syslog 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
netfs 0:off 1:off 2:off 3:on 4:on 5:on 6:off
sshd 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off

ランレベル2,3の設定が重要

0 シャットダウン(システムの停止)
1 シングルユーザーモード(rootのみ)
2 ネットワークなしのマルチユーザーモード
3 通常のマルチユーザーモード(テキストログイン)

sshd(sshデーモン)2,3がonのため、サーバー起動時に自動起動する設定となっている。


■サービス関連コマンド
sudo service sshd status
service sshd reload
sudo service sshd restart

設定変更反映のために reloadを行う。