読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気軽に楽しくプログラムと遊ぶ

自分が興味があってためになるかもって思う情報を提供しています。

書籍「Railsによるアジャイル Webアプリケーション開発」2.2〜2.3

<第二章>
1.動的コンテンツ
htmlからRubyのTime.now()を呼び出す。

<%= Time.now %>

<%= %>内をRubyとして解釈
Rubyの標準オブジェクトとそのメソッドを呼び出せる。


2.時刻の追加
コントローラー内で生成したインスタンス変数を読み込む。

class SayController < ApplicationController
	def hello
		@time = TIme.now
	end
end

@〜がインスタンス変数
helloメソッドの出力先のhello.html.erb内で参照可能。
他のメソッドの出力先htmlからは参照できないはず。

<%= @time %>

上記の通り、HTMLよりコントローラー内のインスタンス変数を参照する


2.3. リンクによる複数ページの連携

・通常リンク

<a href="/say/goodbye">さようなら!</a>と表示する

→URLは /コントローラー名の"_"前の名称/コントローラー内のメソッド名 となっている


・ヘルパーメソッドを使ってリンクを書く

<%= link_to "さようなら!", say_goodbye_path  %>

→link_to 表示文字列 紐付けパス名(「コントローラー名の"_"前の名称」_「コントローラー内のメソッド名」_path)
上記ルールでパス指定をすると勝手にpathへの紐付けを行う。


設定より規約を意識した書き方で紐付けを行っているんですね。

2章完了。